つれづれなるままに雑記

無反省、無節操、無責任、無秩序、無気力、無分別、無思慮、…とにかくイロイロ足りてないBlogです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2004.12.28 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
「移転のお知らせ」
ブジ、移転完了。ヽ(´▽`)ノ

さようなら、そしてアリガトウ、僕を育ててくれたJugem。
もう、二度と会う事もないかもしれないけど、息災でな。。・゚・(ノ∀`)・゚・。



…。
でも移転先でも画像は相変わらずJugemから呼び出してたり。_| ̄|○
(ほんと、ガックシだよ…)

なーんかいつまでも親のスネかじってる学生とか社会人みたいな?
つーかJugemに「暖簾分け」してもらった、みたいな?

いずれにせよスッキリしねぇぜ。(´・Д・`)


ま、とにかく、ここは残しつつも移転しちゃいますので、リンクやリストしていただいている皆々様方には、よろしければURL変更の方お願いします。m(_ _)m
そして今後ともよしなに。

肝心な事を書き忘れるところでした、移転先は、http://berger.sakura.ne.jp/sb/ デス。
【2004.12.28 Tuesday 02:14】 author : berger | 雑記 | comments(5) | trackbacks(3) |
雑記: 大脱走(おおげさ)
Jugemから被るストレスに耐え切れず、遂にホンキで「脱走」を企図するに至りますた。_| ̄|○
見て下さる方のことを考えたわけでなく、あくまで自分本位での脱走であります。
だって管理画面重いし、Blog自体も重いし…。(つД`)
お気楽に駄文を書き殴り、画像を貼り付けるだけの行為に、いらぬストレスを負わされるなど割に合わん話っ。(ノ`□´)ノ⌒┻━┻
ま、自分一人閲覧するのにもストレスを感じているものを、他所様がストレスなく見れているってこともあんま考えにくいしネ。
時間帯によって不具合のムラが大きいのも、またJugemに謀られている様でハラタツんだよなぁ。(一時的に修復されてもすぐ滞るし。)
もはや愛想も尽き果てまいた。( ゚д゚) 、ペッ
今日の日中、重くてまるっきし使い物にならなかった管理画面が、脱走への引き金を引くことと相成りましたとさ。

というわけで思い立ったが吉日、晩飯に寿司食った満腹感の最中で、ただいま移転作業中というわけデス…。

WEB知識ナシ、IQ低し、全くの徒手空拳で、アレコレ手探りしながら、生まれて初めて鯖借りて(当然ロリポは眼中にナシ)、幼児でも問題なく導入できる(らしい)SB導入に奮闘。
どうやら自分は幼児以下だったらしく酷く手こずりはしましたが、ようやくゴールが見えて参りました…。(多分)

ログごと完全に移し終えたら、マジで移転しま〜す。(-` )ノ<サイナラ
場所はココ
次のエントリーが「移転のお知らせ」になるか「Jugemガンバレ」になるかは、オイラのヘタレ具合にかかっておりますです。(´Д`;)
(ここまで言っといて明日になったらJugemのお世話になりますとかって言ったら相当なヘタレだよな、などと自分を追い込んでみる。)

※もし移転した際には、リンクやリストされているサイトの皆様方には、よろしければURL変更の方お願いします。m(_ _)m
移転が本決まったら、また書きますけどね…。(どうも気ばかり急いてしまって)
【2004.12.27 Monday 22:04】 author : berger | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0) |
鹿: 今 更
2005シーズンの体制について

今さら感120%(´・Д・`)

しかし今年だって「攻撃型の外国人選手を思いきって補強」したつもりだったろうになぁ…。
【2004.12.26 Sunday 16:18】 author : berger | 鹿島アントラーズ | comments(1) | trackbacks(0) |
鹿: メデタイヽ(´▽`)ノ
おめでとう、そして明るい話題をアリガトウ。

JユースCUP2004 決勝 鹿島ユース 0-0(PK3-1)広島ユース

最後はPK戦の経験が勝負を分けたのかな…。

当方、BS-iを見る術がなかったので、J's GOALのリアルタイム速報鹿島アントラーズ実況スレサンフレッチェ広島実況スレにカブリツキ。
状況把握という点では全くはかばかしくなかったですが、それなりに楽しくはありました。

355 名無しさん@まだアップしてます sage 04/12/26 14:36 ID:u4h5O3/6
点がとれる雰囲気があるのは鹿島@アジアの大砲


アジアの大砲にこんな事言われてもイマイチ信用ならないのは何故でしょう…。(´Д`;)

と、とにかく「強すぎる」「王者」広島相手に、前評判を覆すくらいの戦いぶりは見せてくれたようです。(*´д`*)ハァハァ

来年、このチームから3人トップに上がってきます。
6年前(1998年)のJユースCUPを制した鹿島ユースの中心選手だった野沢拓也が、少しずつその才能を開花させつつあるように、長い目で見守っていきたいものですね。
あと違う場所でサッカーを続ける選手達にも、もちろんエールを。(`・ω・´)
【2004.12.26 Sunday 15:49】 author : berger | 鹿島アントラーズ | comments(1) | trackbacks(0) |
NBA: 前途遼遠
Indiana Pacers 93-98 Detroit Pistons

  

エース、ジャーメイン・オニール復帰も…。

正直、「重い」負けだと思います。
ジャーメイン(FG7-19 21P 5BS)、レジー(FG16-10 24P)、ジェフ(16REB)、ティンスリー(13A)が、それぞれに数字を残しても勝てない。
映像どころか文字や音声中継すら見聞していないんで、確たる事はなんとも言いかねますが…、ハミルトン&プリンスの高いFG%を見る限り、問題は2番、3番へのディフェンスなんすかねぇ。(あとリバウンドな…)
プリンスにはペイント内に入り込まれて、RIPには得意のペリメーターを決められ、挙句チャウンシーにはスリー4/6。
この3人に持ち味をいかんなく発揮されては…。_| ̄|○

守備の建て直しが急務かと思われますが、アーテスト&ジャクソンの穴は大きく…。
2人の存在はリバウンド面でも大きいんだよなぁ、前も書いた気がするけど。
ここはジャーメインのさらなる奮起と、リック・カーライルHCの手腕に期待、するしかないかなぁ。
オールスターまでになんとか「カタチ」に…。(‐人‐)ナムナム
【2004.12.26 Sunday 14:18】 author : berger | NBA | comments(0) | trackbacks(0) |
NBA: 時には昔の話を?
Sixers, Pacers And Celtics Have Interest In Antoine Walker

76ers、セルツ、そしてペイサーズが、アトランタ・ホークスのアントワン・ウォーカーに興味、という話。
単なる飛ばし記事であることはまず間違いないんでしょうが、ちょっと感慨深いというか、個人的に過去の思い出に浸ってしまう類の記事だったのでUPしておきます。

2000〜01シーズン前のオフだったかなぁ…、今やインディアナ・ペイサーズの不良債権との異名が定着してしまってるっぽいオースティン・クローシェアが当時FAになった時の話でありまして既に記憶もおぼろげなのですが、クロとウォーカーとのトレード話が確かあったよなぁと、ヒジョーに薄っすらとした記憶がよみがえってきました。(´-`).。oO
今じゃ誰も信じてくれないような気がしますが、当時は「ビッミョー」もしくは「やめてくれない?」って思ったくらい、クロの価値・評価は高かったのですよ自分的に、贔屓目ナシに、いやちょっと贔屓目アリだったかもしれないけど、まあ世評的にもズレた感覚ではなかったハズ。(クロは1999〜2000シーズンにはMIP投票で4位に選ばれる活躍を見せ、価値が高騰してたし。)
結局、そのオフに7年$51milという高額契約でペイサーズと再契約したクローシェア。
ウォーカーも、そのオフにトレードされる事なく、2000〜01シーズンにはキャリア最高の数字を残し、スタープレーヤーとしての地位を確固たるものとしています。
しかしその後、両者が歩んできた平坦とは言い難いプレーヤー人生を思うと…、わずか4,5年の間で本当にイロイロあったよなぁ、なーんて感慨もあったりしまして。
ウォーカーが今みたいなネタキャラ(厄介者とも言う)扱いされるようになるとは、当時想像もしていなかったしさ。
クロは…、7年$51milという長期契約を結んでからは、スランプ、怪我、ジャーメインら若手の台頭、そしてアイザイアに干され、もう散々なプレーヤー人生を送っていますし。

しかし、例の忌々しい事件の影響で爆発的にプレイタイムが増えた今年のクローシェア。
不安定なアウトサイドシュートという長期高額契約後スランプに陥った2001〜02シーズン以来の課題は困った事に健在ですが、サイズを活かした身体的接触を厭わないドライブ、そのドライブからファールを獲得しリーグ6位90.8%(12/24現在)の高精度を誇るFTを武器にキャリアハイの1試合平均13.8ポイントをあげ、積極的にボールに飛びついていくリバウンドはキャリアハイの1試合平均8.00(12/24現在)を記録しています。(元々、リバウンドで頑張れるタイプの選手だったとは思いますが、今シーズンここまでリバウンドに強いチームメイト達がサスペンションや怪我で軒並み欠場する中、クロの奮闘・奮戦振りは目立っていたと思います。)
まぁ対費用効果はともかくとして、使い道自体はまだまだあるプレーヤーであることを、自ら証明してくれています。



クローシェアのキャリア・スタッツ。
ジャーメインが帰ってくると、プレイタイムは減る事になるかと思われるので、今の段階でのスタッツは資料的な価値が…ないよな、んなもん。(´Д`;)

実際、ペイサーズがウォーカーを獲るには、どんなカタチであれクロをつける可能性は高いわけで…。(ホークスがペイサーズ相手にトレードするなら欲しいのはフレディ、ベンダー、ハリソンといった若手が目当てではないでしょうかね。スターター級はペイサーズが出さないだろうし。そうするとサラリー調整のためにクロやポラードが使われる公算は高い…ってたかが飛ばし記事のひとつに、んなこと考えてどうするよ、俺。)
まぁ、やっぱり少なからず想像力を掻き立てられる飛ばし記事ではありましたね。(今のペイサにアントワンが来たらという想像も含めて…)
【2004.12.25 Saturday 20:40】 author : berger | NBA | comments(2) | trackbacks(0) |
雑記: セキララ凹日記(クリスマスイブ編)
おバカ日記。

当Blogをご覧になってる、多分約200人くらいの皆様はどのようにイブを過ごされたでしょうか。

小生はといえばイブの夜に雀荘で14時間徹マン(=徹夜で麻雀)。

何しとん、俺。_| ̄|○

いやぁ、やさぐれた妻帯者と独身者に囲まれた職場で働いているもので。
誘われても断わらない自分も自分ではあるが。
というか、イブの夜に特に用事の一つもない自分の哀れさこそを責むるべきでつな。(つД`)(知った事か!!)

せめて、せめてやさぐれた同僚共からクリスマスプレゼントをせしめてみせようとヘボなりに頑張ってみたのですが…。

開始10時間後の小生のポイント。

+241

開始14時間後の小生のポイント。

-11

(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(´  )━(Д´ )━(`Д´)ウワァァァン!!

10時間の労苦が4時間でチャラ。(むしろマイナス)
ギャンブルの恐ろしさよ…。
4連続ドベで全てを失う。
誤ロンとかしちゃってるし。
熱く、空しい夜。

そして、来年のイブは20代の成年独身男子らしく世間並みに真っ当に健全に過ごそうと心に誓ったクリスマスの朝。
自戒として、この愚行を書き記しておきます。(´Д`;)
【2004.12.25 Saturday 13:38】 author : berger | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) |
NBA: 田臥がNBAへと這い上がるためのシビアな道程
田臥獲得球団は現れず、今後はFAに


サンズを解雇された田臥勇太、ウエーバー期限の22日までに獲得球団は現れなかったというニュース。
(アメリカ時間の21日。まぁちょっと古い話で恐縮ですね、コレ)

先日、MLBカージナルスの田口選手が一旦自由契約となった後に再契約を行い45%減の55万ドルでサインというニュースがありましたが、アメリカのスポーツ界はやはりシビアです。
田口選手の場合「現在の$1milという額が評価より高い(控えの高齢外野手に払いたい金額ではないということでしょうかね)」「協定により20%を超える減俸が出来ない」「カージナルスとの再契約を最優先するという田口の意向」といった事情から今回のような再契約の流れになったわけで、そこには「情」がからんだ要素など一切ナシ、チームの実利と実効性を追い求めたウォルト・ジョケティGMのシビアでクレバーな判断だけが反映されたといえるでしょう。

で、田臥の話。
前にも書いた(よな?)とおり、おそらく獲得チームが現れるとしても1月10日に解禁される10日間契約でってことになるでしょう。
hoopshypeで確認したところ、田臥のサラリーは$98,459ってことになっています。
04-05シーズンのミニマム(最低保障)サラリーは年間$385,277ってことなので、田臥とサンズがどういう契約をしたのか内容がわからないんですが、おそらく保障されていた額が$98,459だったってことなんでしょう。(まあhoopshypeが正しいとも限りませんが、大体その程度という目安にはなるのかな、と。)
解雇された田臥をウェーバーで他チームが獲得すると契約の内容は引き継がれるワケですから、シーズン最後まで雇うと$385,277払わなきゃならんし、途中で解雇しても$98,459前後は払わなきゃならんわけですな。
これは正直チト割高であろう、と、まあ大抵の人は思うでしょうね、サンズでの田臥のプレーを見ると。
そこで10日間契約ってシロモノが出てくるワケです。
10日間契約は文字通り10日間だけ結ばれる契約の事。
1月5日時点でNBAのチームに所属していない全てのFA選手が対象となります。
ポイントは10日間契約のサラリーはミニマムサラリーの額を試合数で割った額という事。
つまり出場機会の少ない選手を1年契約で雇う事を思えば、遥かに「格安」ってことです。
10日間で仮に5試合(ねぇか、そんな過密な日程)あったとしても$23,495程度。
田臥に興味を持つチームがあったとしても、まずは10日間契約で「様子見」でしょう。
いきなりミニマムで契約って事にはなるまいて。
なんたってアチラは払ったサラリーに対する効果って奴にマジで「シビア」ですから。
(まぁ田臥勇太の選手として以外の「商業価値」が認められたのなら、また話は変わってくるんでしょうが…。シビアなだけに利には敏いだろうし。)

ちなみに10日間契約は3回まで結ぶ事ができ、3回目に結んだ際にはシーズンの最後まで契約する事が義務付けられています。
10日間契約というのは、主に怪我やアクシデントで選手の駒が足りなくなったチームの緊急補強策的な使われ方をする契約なので、実はチームから本当に必要とされていないと契約できない類のもの。
そんな厳しい状況下において最初の10日間でチームから認められ2回目、そして3回目と10日間契約を結んでいくことが、「マイナー」からNBAへと這い上がるための数少ない道筋。
田臥にも這い上がってもらいたいなぁ。
【2004.12.24 Friday 13:48】 author : berger | NBA | comments(0) | trackbacks(1) |
NBA: 復帰即正念場


Judge rules Pacers' O'Neal can play

Pacers Welcome O’Neal’s Early Return


あの事件から1ヶ月余り…、ジャーメイン・オニールがコートに帰ってくる。
処分が決まった時から、ジャーメインの罪が重すぎることに釈然としない思いをずっと抱いていたので、この軽減は素直に嬉しい。
自分があの時のジャーメインの立場であったらという想像においても、あそこでコートへの闖入者に対して手を出さないという選択肢は多分なかったと思うので。
(スターンからピストンズ球団に対するペナルティ&リアクションがほとんどなかったことを思えば、アーテストやジャクソンへの重い処分にも未だに釈然とはしていないわけですが。事件当時の雑記にも書いたんですけど、今後も選手と観客との間をキチンと分かつ事が出来ないのなであれば、スターンは選手を危険に晒し続けた、もしくは晒し続ける自らの非を認め、選手達に対するサスペンドを「常識的」な範囲に止めてもらいたかった。メディアやファンの目に見えやすく且つ叩きやすい選手へのアピール的な重い処罰でもって「権威」や「正義」を振りかざし当座を凌ぐというスターンのやり方には反感を覚えますわ。選手にもファンにも球団にも毅然とした態度を示してこその「権威」であり「正義」でしょうが。あの乱闘事件が「最悪」にまで広がった責任の多くはパレスのセキュリティとファン、それもあの場にいた一部ではない大多数のファンにあるのだから。暴徒化したファンを止めるでもなく、傍観するでもなく、自ら煽って積極的に参加した多くのパレスの客共。表面的なセキュリティ強化や一部ファンの締め出しでチャンチャンって・・・そりゃねぇよ。選手への重い処罰が、どんな状況においても万能の「抑止力」として機能すると本気で思っているのならスターンは大馬鹿者だと思う。選手への重い処分と同時に為すべき事があるだろう、と。それが出来ないのなら無闇に空前級の重い処分など課すべきじゃないだろう、と。やっべぇ、感情的になりすぎて勢いだけで長い文章になっちまった。反省。)

あとはジャーメインのコンディションと、すんなりと今のチームにフィットできるかという問題。
昨日の76ersを見る限り、今のチーム状況はズバリ、

最悪

なので、願ってもない状況下での復帰ではありますが、ここでジャーメインが復帰しても状況が好転しないようだと…、キビシイ。
ジャーメイン・オニールのエースとしての、大黒柱としての、正に正念場かと思います、復帰早々で難儀な話ですが。(そこいらへんの「存在感」がまだまだ物足りないというのが、昨シーズンまでのジャーメインに対する評価の一面としてあったことは間違いないわけで。)
とりあえずチームとしてはようやくのポストアップできる選手の復帰なので、ボールの預けどころが出来ることでどれだけセットオフェンスが落ち着くか、ですね。
当然ゴール下の柱石としてのディフェンス面での存在感にも期待は多大。

運命のデトロイト戦からの数試合が、ペイサーズの今シーズンの行方を左右する事になりそうです。
【2004.12.24 Friday 12:35】 author : berger | NBA | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿: 強く蹴れ!!
お見事。

12月23日(木)第12回Jユースカップ2004 準決勝
鹿島アントラーズユース 1 - 1 (PK 5-4)浦和レッドダイヤモンズユース(11:00KICK OFF/長居第2)
得点者:68分 野島康宏(浦和)、76分 後藤圭太(鹿島)



鹿ユースは「4バックではなく3バック」、「ショートパスを繋ぐのウチのサッカーではなくではなく、長いボールを入れて相手を引っ張らせる」、「互いにマンツー」(河崎監督談)といった具合の、カウンターを得意とする相手の良さを消すソリッドなサッカーを徹底した模様。(J's GOAL、有り難いなぁ…)
そしてセットプレーがキーだ、と。
浦和ユースの村松浩監督も「相手はこちらのいいところを消してきた。やられるとしたらセットプレーだと思っていた。」というコメントを残してらっしゃるので、鹿島にとってはある程度思惑通りの試合展開だったのかな、と。
しかしPK戦、よく5人とも決めてくれましたよ。
「強く蹴れ」って言われてキチンと蹴れる選手達の胆力に感嘆。(*´д`*)ハァハァ

決勝の相手は強敵、つーか最強広島ユース。
不甲斐なき兄貴分の分まで、健闘を期待しましょう。

でも長居にゃ行けん…_| ̄|○
【2004.12.23 Thursday 21:44】 author : berger | 鹿島アントラーズ | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
Mybloglist
BlogPeople
PROFILE
RECOMMEND
さらば友よ
さらば友よ (JUGEMレビュー »)

とにかくラストが格好良過ぎますよ…。Yeah!!
RECOMMEND
二十歳のころ
二十歳のころ (JUGEMレビュー »)
hal, スティーブ・フィスク, 丸木戸定男, 大橋伸行, 降谷建志, 岸田繁
halの傑作3rd Album。4th Album「ブルー」以来、メジャーシーンから離れて久しい彼女ですが、いつまでも待ってます・・・。
SEARCH
PAGETOP