つれづれなるままに雑記

無反省、無節操、無責任、無秩序、無気力、無分別、無思慮、…とにかくイロイロ足りてないBlogです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2004.12.28 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
雑記: 勝手に「真田太平記」普及推進Blogを名乗ろう!! 其の三
アクセス解析を覗いてみると、意外や意外、「真田太平記」という検索ワードでここに辿り付かれる方が多い。
嬉しいような申し訳ないような。(´Д`;)
というわけで久々、自己マン企画第三弾いってみます。
※真田太平記は時代劇専門チャンネルで絶賛放送中です。



関ヶ原の合戦後、戦乱を生き抜いた男達が次々とその命数を使い果たしていった。

信之の岳父であり、その信之にとってただ一人の後ろ盾として裏切り者の子と将軍家から疎まれる信之を陰日向なく守ってきた本田忠勝は、自ら亡き後の信之の身を案じながら他界した。

真田の草の者と凄絶な死闘を繰り広げてきた甲賀忍びの頭領、山中大和守俊房はその晩年、小国の大名として至弱をもって家康に挑み続けた昌幸にある種の「共感」めいた感情を抱きながら、静かにその生涯を閉じた。

豊臣恩顧の大名として秀忠を守るため、東西手切れを食い止めるべく奔走した加藤清正は、将軍家の命を受け暗躍する隠密と甲賀忍の手かかり毒殺された。

そして、九度山に幽閉されてもなお野心を失うことのなかった真田昌幸も死んだ。
その志を幸村に託して…。

一方、信之の身辺にも隠密と甲賀忍びの影が忍び寄っていた。

東西手切れに向かって時勢が着々と進行する中、果たして幸村は。


第三十四回「時節到来」


将軍家が方広寺の鐘銘を事件化し豊臣方を開戦へと追い込もうとする中、九度山の幸村の元に豊臣家家臣、大野修理より大阪城への入城を要請する書状
が届く。
豊臣家は、東西手切れをの気配を嗅ぎ付け京、大阪に溢れた浪人達を積極的に雇い入れ、戦力の増強を図っていた。

兄・信之の立場を慮り決断を躊躇っていた幸村であったが、熱く滾る血を沈める事は出来ず、遂に大阪入りを決意する。

お江が幸村に問う。
「安房守様の遺志をお継ぎになられますな。」と。
幸村は微笑を浮かべ静かに頷き、そして、



「それもある。」
力強くそう答えた。
幸村は続ける。
「九度山に来て、早十五年じゃ。本来ならば、そのままここで果つる身じゃ。じゃが今、どうやら東西は手切れが近いという。このまま…、山の中で何もせず生きて逝くのは、ちとわしはつらい。」
「このまま死ぬのも一生ならば、戦で果てるのも一生だ。」
お江を振り返る幸村。
「やるだけのことはやってみようと思うのじゃ。」
頷くお江。
そして幸村の、おさえ切れない感情が迸る。
「これはもう…、男としての欲じゃ。」
「このわしが、どれだけのことを出来るか。世に問うてみたいのじゃ。」
武者震いを抑えるように、言葉を絞り出す幸村。



「男が一人、この世に生まれて、生きて、死んだ。」
「そのような証しを遺してみたいではないか。」

決然と語るそんな幸村をお江は眩しそうに見上げながら、
「微力ながら、お手伝い申しまする。」
そう言って、頭を下げた。


父昌幸の位牌に手を合わせる幸村。



「父上、時節到来に御座います」

15年余に及ぶ雌伏のときを経て、遂に真田左衛門佐幸村が歴史の表舞台に姿を現そうとしていた。


幸村の兄、信之の下には将軍家より豊臣家討伐の下知が届いていた。
しかし将軍家よりの書状には、伊豆守は出陣することなく一子信義をもって出陣させるべし、とあった。
伊豆守信之に対する、将軍家の猜疑は根深い。
そして信之は、幸村の大阪入りを確信していた。
「左衛門佐は恐らく大阪につくであろう。しかも勝ち目のない大阪に。
しかし、関東は、いや、大阪の者も源二郎の恐ろしさを知るものはいまい。」
「源二郎には、肩身を狭くし、息を殺し、その上幕府の目を憚りながら余生を送る事は、死よりもつらいはずじゃ。 最後の機会を逃すことなく、真田の戦のし様を天下に問おうとするであろう。しかし、大阪に勝ち目はない。」
「さすれば、源二郎はただただ大御所様の御首を狙うに違いなく…」
信之は杯に手をかけ、神妙な顔つきで、



「狙いを一つに定めた者を敵に回すと恐ろしいぞ…」
そう言い放ち、一気に杯を空けた。
信之の正室、稲(小松殿)は不安げな面持ちで信之に問う。



「お前様はもしや、左衛門佐様を羨ましくお思いでは?」
心中を見透かされた信之の表情にわずかな動揺。
「……申し訳ございません。」
消え入るような稲の声。
「失礼いたしまする。」
そこに戸の奥で控えていた佐平次が現れる。
「注いでくれ」
佐平次に促す信之。
そして稲が再び口を開く。
「なれど左衛門佐様大阪入場となれば、将軍家はまた真田家を…」
「わしは堪える。」
信之は迷いなく、そう言った。
「九度山蟄居の後、わしは父上や弟のなんの力にもなってやれなかった。
だからわしは何としても堪える。弟の為に堪えてみせる。」
信之の決意と覚悟。
稲と佐平次は目を見開き、そして伏せた。


再び戦乱の足音が近づいていた。
この日、高野山に初雪が降ったという。
慶長十九年の冬の訪れも近い。



物語はいよいよ終章へ…。

稲役の紺野美沙子がステキ過ぎてメロメロ。(*´Д`)/lァ/lァ
そして遂に舞台を得られる事に、その熱い血を滾らせる幸村=草刈正雄の演技が素晴らしい。
「男が一人、この世に生まれて、生きて、死んだっ。」
格好良すぎてサヴイボが。(´Д`;)
興奮の面持ちの中に混じる微笑が何ともまた良い味で…。
音楽も素晴らしすぎまいた。
サントラ出してくれぃ…、頼みまつ。( ´Д⊂ヽ
【2004.12.18 Saturday 20:56】 author : berger | 真田太平記 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑記: 勝手に「真田太平記」普及推進Blogを名乗ろう!! 其の弐
多分うちのBlogで一番ニーズのない企画の第二弾。
時代劇専門チャンネルにて絶賛放映中のNHK水曜時代劇「真田太平記」を勝手に応援しよう企画であります。
いやマジで面白いんですよ真田太平記…。
誰か信じてくれ。(原作の面白さは誰もが知るところかもしれんが、TV版の無名さといったら…)
ほんと、あまりに埋もれすぎぞ。



関ヶ原の戦い。
幸村の妻の父にあたる大谷形部善継は自害して果て、昌幸の片腕的存在であった壷谷又五朗は家康の首を狙ったが目的を果たせぬまま死んだ。
結果、西軍は敗れ、それに与した真田本家、昌幸と幸村は、敗者となった。

第27話 「切腹命令」

勝者側となった信之は、岳父、本多平八郎忠勝の呼び出しを受け、家康のいる大阪城に赴いた。
昌幸と幸村の命乞いのためである。
忠勝、懸命の嘆願を、頑として受け付けようとしない家康。
最後は主君家康に対し宣戦布告ともとれる恐喝をやってのけた忠勝。



「かくなる上は、伊豆守殿とともに沼田城に立て籠もり、殿を相手に戦つまつるっ!!」

これに折れた家康は、真田親子の助命を平八郎と信之に明言。
結果、真田親子は高野山に蟄居と相成る。



今日最初の見せ場。
家康と忠勝の論戦。
本田忠勝役の加藤武サンといえば、金田一シリーズには欠かせない名バイプレイヤーとして有名な方で、自分などは、どーーーしても「よぅしっ、わかった!」の印象が抜けず、正直「真田太平記」での忠勝役でも3枚目なイメージが抜け切らず全然パっとしなかったんだけど、それも今日で一変しました。
今日から自分の中では加藤武=等々力警部じゃなく、本多平八郎忠勝です。



そして真田親子助命に、先の上田攻めで煮え湯を飲ませれた秀忠は怒り狂う。


「なんじゃとっ!?助命じゃと!?あの真田をじょめえぃ!?父上は一体っ!?一体ぃぃ!!」

この秀忠、最高〜 ヽ(´▽`)ノ


一方、又五朗を失った真田の草の者は京を基点に再起を図っていた。
そして今だ処遇定まらぬ本家の様子を探るべく、お江は京より上田へ発っていた。
そこへ佐助が真田親子が助命となり高野山に入ることを、お江らに伝える。
それを聞いた草の者の一人、東次は呟いた。
「城を失うても、お命さえあれば、またいずれということもあるわい」
真田の草の者達にかすかに残された希望の光。

佐助は昌幸と幸村に事の次第を報告すべく、上田城に忍び込む。
そこで真田親子は、お江の無事と又五朗を死を知る。
又五の死は昌幸に衝撃を与える。
しばし呆然とし、又五の無残な死に様を佐助から伝え聞くに及び、遂に昌幸は自身の感情を抑えきれず、溢れ出る。
目は赤く腫れ、涙は止め処なく流れる。

「わしゃな、又五朗というやつはな……………、死ぬる………………………………………………………………っ…縁のない奴だと思ってた。又五はなっ、死なぬっとっ思ってた。うぅ…そうか……そうか……。」


「又五っ!!わしよりも先に死ぬる……たかっ…又五っ………死ん…………又五っ」

思い浮かべるは在りし日の又五朗の勇姿。

又五を弔った労を労い、佐助に短刀を遣わす昌幸。
「又五のな…、死を無駄にするな」
又五の遺志は、又五の孫にあたるこの若き草の者に正しく託されていると、昌幸は感じたのだろうか。



恐るべし丹波哲郎。
凄まじい「泣き」、いや「嘆き」の名演技だった。

砂の器の今西役と、この真田昌幸役での演技を後世に残した丹波哲郎こそ、紛れもなく日本史上最高の俳優であると…、わしゃ思うよ・゚・(つД`)・゚・


上田城受け取りと、昌幸、幸村の高野山送りの使いとして、信之が上田城に着いた。
馬上の信之に頭を下げる昌幸と幸村。
親子三者の心中や如何に…。



嗚呼、面白かった。(´∀`)
確かに演出は金かかってないしチープなんだけど、このミスのないキャストによる好演・熱演と充実の脚本、実に心地良い。
ドラマってこんなに面白かったんだなあ…。
【2004.10.29 Friday 04:21】 author : berger | 真田太平記 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑記: 勝手に「真田太平記」普及推進Blogを名乗ろう!!
今日から当Blogは時代劇専門チャンネルにて絶賛放映中のNHK水曜時代劇「真田太平記」を世に広めるべく極々微力ながら日々努力することにしました。(ジコチュー路線一直線!
だってあまりに知名度低いゼ。(´・ω・`)ショボーン
こないだだって「今TV何が好き?」って友達に聞かれて「真田太平記」って間髪いれずに即答したら(゚Д゚)ハァ?って顔されましたよ、(^ー゚)テヘッ!!
というわけで(だからどんなわけだ?)、時代劇専門チャンネルで「真田太平記」の放送がある度に、その回の見所を振り返っていきますゾ!!
決して今日書くネタに困ったから、ではない、多分。


第23話 「故郷敵地」

石田西軍と徳川東軍へと袂を分かった真田昌幸、幸村と信之。
石田冶部から下知を受け、会津出陣中の徳川軍から離脱し上田に帰った真田昌幸・幸村は、上田城の守りを固めていた。
一方沼田に戻り家康からの命令を待ち望んでいた信之にも、遂に待望の命令が届く。
しかし信之の表情は曇る。
家康は息子秀忠が指揮する中山道をゆく第二軍に、信之を加えたのであった。
その秀忠は道中途上にある上田城を落とすことで、父家康に対して功を誇らんとしていた。
それを知った昌幸、息子である信之相手の戦となる事に表向きは楽しんでいる素振りを幸村には見せるが、その心中は如何ばかりか?

一方、真田の草の者達は、頭である又五朗の命により家康の命を狙うべく四散。
そんな折、お江は家康の命を狙う為、独自の行動を又五朗に志願する。
又五朗にそれを止めるすべはなかった。


他者には気付かれない程の微かな唇の動きで別れの挨拶を交わす、お江と又五朗。
長きに渡る戦友であった又五朗とお江、この2人にも別れの時が来たのだ。

秀忠は上田城明け渡しの交渉役に本多忠正と信之を指名する。
昌幸と信之、思わぬ形での親子対面と相成る。
昌幸は信之らに城明け渡しのため3日間の猶予を要求。
この報に秀忠は嬉々として信之と忠正を労う。
しかしこれは当然昌幸の謀の中。
昌幸の腹は秀忠を東西決戦の場に立たせない為の足止めに他ならない。
幸村はそのための日数を「7日もあれば」と昌幸に進言する。
息子信之を偽った昌幸を責める正室山手殿。
それに対して昌幸は、


「源三郎はな、伊豆守はわしの腹の内など当の昔に読んでおるわい」(真田伊豆守信之、源三郎は信之の幼名)

幸村、角兵衛、妻達、真田一家は一同皆言葉を失う。
屋外で鞠遊びに興じる昌幸の娘、菊の明るい歌声だけがその場に響く。
明け渡しを約した3日後、上田は篭城を決行。
秀忠は怒り狂い、上田攻めの準備を進める。
信之も当然その只中。
太郎山、上田城、砥石城、真田庄、塩田平、別所…、戦図には思い出深い懐かしい地名があった。
信之にとっては今、それらのすべてが敵地であった。


続く。(続かないかも)

次回は第24話「激闘上田城」!!
昌幸一世一代の大舞台、必見。


今回の見所は…、お江と又五朗の別れのシーンと昌幸と信之の会談シーン、
そして敵となった息子信之に対する昌幸の複雑極まりない心境を演じた丹波哲郎の名演技と、ボンクラ秀忠を演じる中村梅雀の怪演。
役者達は皆、語りでも表情でも魅せてくれる、これぞまさしく「ドラマ」ですわ。
脚本が良いことは言うまでもなし。

しかし自分も含めての話だけど、これだけのドラマなのに余りにも知名度が低すぎますよ、やはり。
結局世間の話題に上らなかったドラマなんて、いくら出来が良かろうとも、ただ消費されるだけの存在で跡形も残らない、なんて寂しいじゃないですか。。・゚・(ノД`)・゚・。
間違いなくドラマ不況の今、再評価されて欲しいドラマだよぅ…。

ところで、もし、もし万が一、億が一、真田太平記を見られている方、いましたら今回のあらすじを書いておいて角兵衛にはほとんど触れようとしないオイラの心の狭さを笑ってくだされ…(つД`)
角兵衛=榎木孝明キライ。


こっそりと2chの時代劇板にある「真田太平記 その参」スレに案内して仕りまする…。
でわこれにて。|)彡 サッ
【2004.10.01 Friday 12:22】 author : berger | 真田太平記 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑記: 真田真田真田ぁっ


真田太平記
天正10年(1582)に織田信長によって武田軍が滅ぼされ、真田家は孤立し試練の時をむかえていた。謀略を駆使して真田家の興隆をはかり、あえて徳川に反逆する父・昌幸(丹波哲郎)。関が原の汚名をそそぐため、熱き血の命じるままに生きる弟・幸村(草刈正雄)。そして真田家の命脈を守るため、親子の縁を断ち、自ら険しい道を選んだ嫡男・信之(渡瀬恒彦)。真田親子の、耐えに耐えながら戦国時代を生き抜く苦悩と、情愛を描く。CGを駆使した忍者同士の戦いや真田丸を再現した映像も見どころのひとつ。


時代劇専門チャンネルにて放送中の「真田太平記」。
友人に薦められるような形で見始めたのですが…、面白すぎます、コレ。(ただしCGには見て見ぬフリ…
昨日、遂に3人が袂を分かつ、犬伏での真田親子の会談シーン(第21話 「決裂・犬伏の陣」)が放送されたんですが…、

昌幸「今この時、家康を残すのと石田を残すのとでは、どちらが豊臣家の御為になる!」
信之「豊臣家の御為と申すより、どちらが天下の為に相成りましょうや!」
昌幸「天下じゃと…」


この「天下じゃと…」の時の昌幸=丹波哲郎の一瞬呆然とした表情、シビレましたわ。
いやいや「義経」とかやってる場合じゃないよ、NHK。
来年、大河枠で新作と偽ってコイツを放送すれば、間違いなく大河復活。ヽ(´▽`)ノ
去年の白い巨塔程度で評判が取れる今のドラマ不況からすると、格が違うこの面白さ、ちょっと草刈正雄が若いかなぁって思う視聴者が出てくるかもしれないケド、大丈夫だって、時代劇ファンは間違いなく目を瞑ってくれるしw
【2004.09.10 Friday 12:32】 author : berger | 真田太平記 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
Mybloglist
BlogPeople
PROFILE
RECOMMEND
さらば友よ
さらば友よ (JUGEMレビュー »)

とにかくラストが格好良過ぎますよ…。Yeah!!
RECOMMEND
二十歳のころ
二十歳のころ (JUGEMレビュー »)
hal, スティーブ・フィスク, 丸木戸定男, 大橋伸行, 降谷建志, 岸田繁
halの傑作3rd Album。4th Album「ブルー」以来、メジャーシーンから離れて久しい彼女ですが、いつまでも待ってます・・・。
SEARCH
PAGETOP