つれづれなるままに雑記

無反省、無節操、無責任、無秩序、無気力、無分別、無思慮、…とにかくイロイロ足りてないBlogです。
<< サッカー: 長いお別れ?(J2第36節 湘南 - 甲府) | main | NBA: マッシュ、シーズンアウト!! そして… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2004.12.28 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
スポーツ: 会員の声は神の声(タップダンスシチー凱旋門賞出走へ)
回避から一転、タップダンスシチー凱旋門賞出走へ!!

ハァ━━━━━━(°Д°)━━━━━━ン!?

バズさんのコメントで知ったのですが、開いた口がふさがらず。(゚Д゚ )
これはいくらなんでも…、強行軍にも程があるだろ。ヽ(`Д´)ノ
これで勝ったら調教師も騎手もタップも神だ、間違いない。
でも…、シチーの代表と佐々木調教師のコメントから、何となく決まった経緯が見えてしまった。

(株)友駿ホースクラブ塩入代表のコメント
「搭乗予定便の故障により代替機を探しましたが、見つからず、一旦は遠征を断念しましたが、その後の馬の体調も良く、多くの会員やファンの皆様から励ましもあり、おそらく二度と無いであろう機会をここで諦めてしまうことは大いに悔いが残るため、何としても挑戦したいと思い関係者と相談の結果、10月1日(金)発の便で挑戦することを決めました。必ず頑張ってくれるものと思っています」


佐々木昌三調教師
「日程的に難しいと思い、一旦は遠征を断念いたしましたが、ファンや会員の皆様方からの後押しを受け、タップダンスシチーはファンの馬であるとの思いを新たにし、凱旋門賞に挑戦することを決意いたしました。スケジュールの変更は余儀なくされましたが、これから最善の措置をとり、調整には万全を期したいと思っています」



なるほど「会員様の意向には逆らえない」というわけですか。(´・Д・`)
馬優先主義、岡部幸雄のコメントを聞いてみたい。
【2004.09.28 Tuesday 01:39】 author : berger | スポーツ | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2004.12.28 Tuesday 01:39】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
一競馬ファンとして
出られないと聞いたときはショックでしたが
やっぱり出るとなった今回は更に・・・。

無茶だよねぇいくらなんでも
勝つ負ける以前に
タップの身体が心配で・・・。

無事に帰ってきて欲しい
それだけです。

トラックバックさせていただきます。
似非紳士でした(礼
【2004/09/29 2:38 AM】 似非紳士 |
似非紳士さん、はじめまして。

こういう見るからに無茶な遠征は、たとえ今回好走したとしても、後でなにかしら体調や状態に問題を来した時に、間違いなく禍根を残すものだと思うのです。

だから今回無事に帰ってくることはもちろん、タップの今後に影響が出ないことを祈ります。

しかし何かあったときのリスクなんて全然考えてないんだろうなぁ…会員も代表も。

というわけでTB返しさせていただきます。(どういうわけだどういう?
【2004/09/29 11:30 AM】 berger |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://berger.jugem.cc/trackback/320
トラックバック
●タップ凱旋門出走・・・するんだぁ・・・。
ええ、飛行機トラブルという 前代未聞の出来事で 栄えある凱旋門賞への出走が 絶望視されていたタップダンスシチー (牡7、栗東・佐々木晶) が、急遽出走することに決まったそうです。 う〜ん、そりゃねよかったんでしょうよ。 最初にタップが出れないかも?? って
【2004/09/29 2:39 AM】 シュミノクニ |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
Mybloglist
BlogPeople
PROFILE
RECOMMEND
さらば友よ
さらば友よ (JUGEMレビュー »)

とにかくラストが格好良過ぎますよ…。Yeah!!
RECOMMEND
二十歳のころ
二十歳のころ (JUGEMレビュー »)
hal, スティーブ・フィスク, 丸木戸定男, 大橋伸行, 降谷建志, 岸田繁
halの傑作3rd Album。4th Album「ブルー」以来、メジャーシーンから離れて久しい彼女ですが、いつまでも待ってます・・・。
SEARCH
PAGETOP