つれづれなるままに雑記

無反省、無節操、無責任、無秩序、無気力、無分別、無思慮、…とにかくイロイロ足りてないBlogです。
<< サッカー: ペケルマンの視界は良好?(Argentina 4-2 Uruguay) | main | サッカー: 条件は全権監督!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2004.12.28 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
NFL: カート・ワーナーの逆襲
NFL2004 WEEK5

NY Giants 26-10 Dallas Cowboys



NY Giantsが好調だ。
今日、同地区(NFC-EAST)のライバルDallas Cowboysを競り落とし、これで4勝1敗。
NFC-EAST首位、連勝街道を突き進むPhiladelphia Eagles(4戦全勝)をピタリと追撃している。
そんな好調のチームの中心には、失われたスターティングQBとしての自らの価値を再び世に示すかのような活躍ぶりを見せるQB カート・ワーナーがいる。

オフシーズン、NY Giantsは2人のQBを得た。
一人はイーライ・マニング。
昨シーズンのMVP、ペイトン・マニングを実兄に持つ超良血。
未来の1巡目指名権を失ってまで獲得したこのドラフト1位ルーキーには、間違いなくNY Giantsの未来がかかっている。
彼を獲得した時点で自分は今シーズンのNY GiantsのスターティングQBは彼なのだとほとんど確信していた。
しかし、NY Giantsはカート・ワーナーを獲得した。
1999シーズン、彗星のように現れ、NFLトップのQBレイティング、パス獲得YD、TD数をあげシーズンMVPに輝き、St. Louis Ramsをスーパーボール王者に導いた、あのカート・ワーナーを、である。
2001シーズンにもMVPを獲得し通算2度のMVP経験を誇る、あのカート・ワーナーを、である。

この2年、ワーナーは不遇に喘いだ。
2002年は親指と手の怪我。
万全の体制で迎えたはずだった2003シーズン開幕戦では、皮肉にも現所属チームNY Giantsのホーム、ジャイアンツ・スタジアムで脳震盪を起こし6回ものファンブルを喫した。
今振り返れば、あの開幕戦がRams放出の決定的要因だったともいえ、つくづく皮肉な話、である。
先発試合0勝8敗、これがこの2年間のワーナーが残した現実。
彼に代わってRamsのスターティングQBの座に就いたマーク・バルジャーは昨シーズン、チームを見事プレーオフへと導いた。(が、プレーオフでは勝てなかった…)
バルジャーを残し、ワーナーを切る。
チームが下した、一見誰が見たって妥当な判断。
だが本当にそうなのか?
昨シーズンのワーナーのあの短い出場時間で、本当に彼の輝きが失われたと判断してよかったのか?
昨シーズン、プレーオフという桧舞台で醜態を見せたバルジャーは、本当にチームの命運を託すに足り得るQBなのか?
スーパーで勝てるQBなのか?
そう思ったのは自分だけじゃああるまい。
誰よりもワーナー本人が…。

そしてワーナーはNY Giantsと契約する。
NYの宝、イーライ・マニングの教師役としてではなく、自らが再び桧舞台へと上がるため。
ワーナーはNYでの初の会見でこう語ったという。

「開幕先発するつもりだ。もう一度やり直したい。ここで成功して、選手生活を終われるようにしたい。家族を連れて引越しばかりしたくないからね。」

彼は今、成功しつつある。
やり直しつつある。
スターティングQBとしての自らの価値を取り戻しつつある。
いや、もう取り戻したといえるのだろう。
次はMVPプレーヤーとしての価値を取り戻す、今のワーナーはそんな段階に差し掛かっているのかもしれない。




というわけで、ワシはこの手の「逆襲」ストーリーが大好きだ。
そもそもわしゃバルジャーが好かん。
あの微妙なる勝負弱さが好かん。
今年、RamsとGiantsの対戦がないのは本当に残念。
出来ることならプレーオフでこの対戦が見たい!!
ワーナーのパスに青ざめるRams マイク・マーツHCの顔が見てみたいんじゃ!!



話をNY Giantsに戻しまして…。(調子乗りすぎて本筋から外れてしまった
RB ティキ・バーバーもいつになく調子が良い。



去年まで2年連続で年間1000YDラッシングを記録していたものの、どーーにも肝心なところでボールをファンブルしてしまう印象があった。
恐らくこれまでNYGファンは散々彼に煮え湯を飲まされてきたことだろう。
その上、レッドゾーンでの決定力という点でも、実に頼りないRBだった。
しかし今年のティキ・バーバーにはそんな印象など微塵も感じない。
今日も4点ビハインドで迎えた3Q、自陣28YDという苦しいフィールドポジションから58YDランを決めるなど(結局そのシリーズでTDを奪いNYは逆転に成功、以後NYはリードを広げ続けた)、苦しい局面でのビッグプレーでチームを救った。
本当に頼れるRBになりつつあるティキ・バーバーは今注目の存在だ。


シーズン開幕前、強豪揃いのNFC-EASTの中でNY Giantsは間違いなく低い評価に甘んじていた。
そして今、NY Giantsは正当な評価を得るべく、プレーオフに進むべく、良い戦いをしている。
再びスーパーの舞台に立つべく捲土重来を期するカート・ワーナーと共に。

【2004.10.11 Monday 07:46】 author : berger | NFL | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2004.12.28 Tuesday 07:46】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
Hello guys, interesting discussion... BTW what you think about <a href=http://zerohops.com/>How drug and alcohol detox can kill you</a>
【2005/11/10 8:30 PM】 u-f-o-How-drug-and-alcohol-detox-can-kill-you |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://berger.jugem.cc/trackback/348
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
Mybloglist
BlogPeople
PROFILE
RECOMMEND
さらば友よ
さらば友よ (JUGEMレビュー »)

とにかくラストが格好良過ぎますよ…。Yeah!!
RECOMMEND
二十歳のころ
二十歳のころ (JUGEMレビュー »)
hal, スティーブ・フィスク, 丸木戸定男, 大橋伸行, 降谷建志, 岸田繁
halの傑作3rd Album。4th Album「ブルー」以来、メジャーシーンから離れて久しい彼女ですが、いつまでも待ってます・・・。
SEARCH
PAGETOP