つれづれなるままに雑記

無反省、無節操、無責任、無秩序、無気力、無分別、無思慮、…とにかくイロイロ足りてないBlogです。
<< NBA: マグすげぇ…( ゚д゚)ポカーン | main | 鹿: 極寒の『陸の孤島』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2004.12.28 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
NBA: INDやSACにタックス無視のゴージャス補強を求めるのはやめましょう…(つД`)
今年も米経済雑誌「Forbes」がNBA各チームの資産価値をUPしてくれていますので、こいつをネタに底の浅い分析をしてみたいと思います。



表は左から『資産価値』($mil)、『昨年比』(%)、『負債率』(%)、『収入・売上高』($mil)、『営業利益』($mil)、って感じすかね。(経済オンチなので用語は間違ってるかもしれぬ。)

まず一見して想像させられるのは「損益分岐点」がどれくらいなのかって事ですな、下世話極まる話ですが。
これははっきり言って当たり前の話ですが、チーム・サラリーの合計によって大きく変わってくるわけですね。

低い収入で高い利益を得ている「損益分岐点」が低いチームは、LAC、WAS、DEN、UTA、CLE…といったあたり。
共通するのは、そう、揃ってチーム・サラリー総額が低いというわけです。
ケチれば儲かる。
当たり前といえば当たり前の話。
が、挙げた5チーム中、DEN以外はいずれも昨シーズンのプレイオフには出られず。
DENとて予定調和のままに1stラウンド落ち。
SAのような特殊例(つくづくティム・ダンカンは罪な存在だ)はあるものの、ま、お金をかけなきゃ勝てないNBAという構図は垣間見えてきます。(お金だけでも勝てないですけど。)

レブロンがいるCLEなんかは、彼がもたらず効果(人気でも結果でも)で収入が順調に増えていかなきゃ、先々どうなることやらって感じですかね。(そういや売却の噂も出ているし…。レブロンがルーキー契約の間にハッキリ目に見える結果が欲しいだろうなぁ。)

次、INDとSACを見てみましょう。
INDの営業利益が2.6mil、SACが0.6mil。
共に損益分岐の境目で、なんとか営業利益を計上している両チーム。
収入はINDが104mil、SACが118mil。
で、03/04シーズン、INDのチーム・サラリー総額は確か(私の記憶が確かならば…)60Mil弱、SACが70Mil弱くらい…。(04/05シーズンはIND 64.8Mil、SAC 61.9Mil
さらにラクジュアリータックス分として、INDは1milちょい、SACは10mil(!)ちょい払っていたので、INDはサラリー+タックスで60Mil程度、SACは80mil程度、支出しているわけですな。
でもって収入からサラリー+タックスという固定費を差っ引いたのが選手年俸以外のチーム運営費、いわゆる諸経費ってやつですかね。(選手以外、コーチやGMの人件費もこっちに入ってきますかね。)
これが、INDは推定40mil強、SACは推定40mil弱って感じ。
ようするにチームによってある程度の多寡はあれど、大体30〜60milくらいは選手へのサラリーやタックス以外の「諸経費」が必要になるんだなっと。

というわけで、なんでこの両チームを取り上げたかわかってもらえましたでしょうか?(わかんねえよ)

この両チームは健全な経営上、ギリギリのラインで選手を集め補強を行い、しっかりと結果を出している稀有なチーム、というわけなのです。(`・ω・´) シャキーン

拍手。
収入に余裕があるチーム、オーナーの懐具合が暖かくて赤字を気にしないチームに囲まれた中(DALやMINですな、これは)、きっと涙ぐましい努力を強いられていることでしょう。
泣けるぜ。・゚・(つД`)・゚・


数字を見て妄想にふけるのも、足りない脳みそではいささか疲れてくるものなので、今日はこの辺で。(・ω・)ノシ
(単に頑張っているINDフロントを賞賛したかっただけかもしれぬ…)

しかしForbes覗いていると、いかにNFLがスゲェかってことが嫌でも解りますな…。
【2004.12.11 Saturday 03:31】 author : berger | NBA | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2004.12.28 Tuesday 03:31】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
こんばんはー!明日(つーか、今日?)は健全チーム同士の直接対決ですな(笑)

>INDやSACにタックス無視のゴージャス補強を求めるのはやめましょう

もうね、心から同意です。
仕方ないことなんですが、SACの場合2年前までのチームのイメージがまだ強いようでオフの動きが悪い!ってオーナーやGMを責めるファンも結構いたりするんですよね。日本に限らずあちらのファンでも。

ペトリーはこれ以上ないくらい素晴らしい仕事をしてるし、マルーフ兄弟にもこれ以上無理は言えんだろうと個人的には思うんですけどねぇ・・。

た・だ・し!SACは今シーズンから待望のケーブルTVとの契約がまとまったんで、来シーズンからは契約料でガッポガッポですぜ!

いや、スモールマーケットでアメリカ国内の人気はあんまないんでたいした契約料じゃないと思うんですけどね・・。
しかもウェバー、ビビー、ブラミの給料はこれからガンガン上がるんでおそらくこれからも相変わらず苦しいまんまっス。ハハハー(乾いた笑い)


【2004/12/12 12:46 AM】 mugi |
mugiさん、おはようございます〜。

うわぁ、SACは来シーズンからガッポガッポなのかぁ…。
いいなぁ。(´Д`;)

さて、今日の健全チーム同士の対決ですが、私は今からカシマ行きなので生じゃ見られなかったりします。
INDは6連敗中ってことで、あんまし心浮き立つものがないのですが(ティンズは帰ってくるのかのう)…録画予約をセットして健闘を祈ってます。(つД`)
ま、負けてたら見ないかも。(コラ!)
【2004/12/12 8:15 AM】 berger |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://berger.jugem.cc/trackback/505
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
Mybloglist
BlogPeople
PROFILE
RECOMMEND
さらば友よ
さらば友よ (JUGEMレビュー »)

とにかくラストが格好良過ぎますよ…。Yeah!!
RECOMMEND
二十歳のころ
二十歳のころ (JUGEMレビュー »)
hal, スティーブ・フィスク, 丸木戸定男, 大橋伸行, 降谷建志, 岸田繁
halの傑作3rd Album。4th Album「ブルー」以来、メジャーシーンから離れて久しい彼女ですが、いつまでも待ってます・・・。
SEARCH
PAGETOP